修理中
スマホとパソコン

バックアップを取る

データ破損はhddなどの故障によっても起きてしまいます。そのため、しっかりとバックアップをとっておくことが大切です。そうすると、壊れてデータが残っているので安心出来ます。

この記事の続きを読む

移動

データを安全に確保

オンラインストレージはプランというものがあり、このプランを利用することで中に入れられる容量が異なります。異なるオンラインストレージを利用すると、データの安全性を高めることが出来ます。

この記事の続きを読む

芝生とパソコン

データコピー方法

hddをコピーする特徴はまずはOSまるごとコピーすることができるという点です。また、最近では用量の大きいものもあります。そんとあめ、OSやシステムをコピーできるものもあります。

この記事の続きを読む

軽食

対処をするために

hdd認識しないのはパソコンが悪いのではなく必要なデータをインストールしていないとうい場合があります。その場合は、ホームページでドライバをインストールすれば改善できます。

この記事の続きを読む

データの復旧

ハードディスクの修理を頼むときに重要なのが業者選びですよ!ここならそのポイントを知ることができます!

停電から戻ったらパソコンが起動しない!データがオンラインストレージにあれば、こんな時にもほかパソコンで作業できます。

ブラインドタッチ

異常が起きたストレージデバイスの修理と、データ復旧を行うサービスと類似競合しているものとして、パソコン修理サービスがあります。 どちらもパソコンやサーバといった機器を対象としている点でも共通しています。パソコン修理サービスは主にハードディスクも含めた、機器の異常を修理することにあります。対してハードディスクの修理やデータ復旧サービスの場合は、重視しているのがデータであり、必ずしもハードディスクそのものを修理するとは限りません。データの復旧が無事に終われば障害の起きていたハードディスクは、顧客の希望で返却したり、破棄をします。 軽度の論理障害が起きているだけのストレージデバイスならば、どちらのサービスでも直せることがあるなど、類似競合点が多いですが、重度のストレージデバイスの障害を直せるのはハードディスクの修理、復旧サービスのみです。

ストレージデバイスのタイプは、ハードディスクの修理、データ復旧において大きく料金に変化を与える要素です。通常これらのサービスを取り扱う会社は、ストレージデバイスのタイプごとに料金を決めています。一般的に安い方からローカルHDD、ネットワーク接続HDD、RAIDとなります。 ローカルHDDは、一般のパソコンに使用されているハードディスクのことで、一律制の料金の会社だと、1台あたり障害の度合いによって3万円から20万円ほどの料金が多くなります。ネットワーク接続HDDは、いわゆるサーバストレージデバイスのことで、料金はローカルHDDに比べてかなり高めです。 RAIDはハードディスクの本数が多めのため、その分サーバストレージデバイスよりも高価な料金となりがちです。